Topics

コラム

具体的なPOSデータ活用事例
コラム

具体的なPOSデータ活用事例

みなさま、こんにちは!
当ブログに興味を持ってくださって、ありがとうございます。

このブログは
理美容サロン専門のPOSシステムメーカーである
私たちエクシードシステムから
理美容室でお仕事されている方々に向けて
POSデータ有効活用のノウハウ提供のために御用意しました。

「POSシステムの使い方がわからない。」
「POSシステムって、うちの店の仕事にどう活かせばいいの?」
そう思っていらっしゃる方は、ぜひ最後まで御覧ください!

 

まず初回のテーマは、【具体的なPOSデータ活用事例】
担当は大阪営業所の小坂田です。

1)まずはじめに大切なことは

活用事例をご紹介する前に
まずはじめにお伝えしたい“大切なこと”があります。

それはPOSシステムを使う目的を
あなた自身が決めておくということです。

 

POSシステムには多くの帳票や集計機能があります。
(画像は弊社「サロンアンサー」の月次集計帳票の一部です。)

この(多すぎるくらい)沢山のデータを目的もなく見たって
逆に仕事が増えるだけ!お店の発展にはつながりません。

客数、客単価、来店サイクル、、、etc.

目的を決めるのは、あなた自身、
「今、何をやるべきか?」
最初はなんとなくでも良いので、テーマを決めてから
POSシステムを見る癖をつけることをオススメします。

 

2)具体的な活用事例

次に具体的な活用事例をご紹介します。
(リピート率を高めたい!」という場合をイメージしました。)

下図は「サロンアンサー」のリピート率分析表です。


ある月の客数を「新規(来店1回目)」「再来(来店2回目)」
「準固定(来店3回目)」「固定(来店4回目~)」に分けて
それぞれの同月再来(上図の場合、7月に来店した人が同月7月中に再来)
1か月後再来(上図の場合、8月に再来)、2か月後、3か月後、、、の
「戻ってきた人数」を集計しています。

半年後のリピート率が固定94.6%であるのに対して、新規は33.3%。
客層によって大きな差があることがわかります。

美容師さんならわかる筈!
一言で「リピート率改善」と言っても
固定と新規では、実際に取り組む内容は全く違うはずです。

POSシステム利用の目的(役割)の一つは
課題・問題点を細分化して具体化することです。

実際のシステムでは、上図の表を
店全体→スタイリスト別に集計したり
技術メニュー別に集計したりと、さらに細分化ができます。

気になる部分=数字(人数)が見つかったら
マウスでクリック!すると簡単に「該当者の名簿」が出来上がります。


このように絞り込んだ対象に、ハガキを出したり、アプリのプッシュ通知で
メッセージ配信したりなどアプローチをかけていくことも簡単にできます。

最後に

今回は、たとえば…ということでリピート率分析をご紹介しましたが
アナタのお店の状況に合わせたPOS活用を実践していただけたら幸いです。

次回以降も、そのためのお役に立てる情報をお伝えしていきますので
どうぞご覧いただけたらと思います。

この記事を書いた人
osakada
大阪営業所 小坂田

大阪営業所の小坂田です。POSシステムもハサミと同じく“美容師の仕事の道具” 
そんなふうに言って頂ける人を一人でも多く増やすこと。
それが私の願いです。サロンアンサーを使って、一緒に成長していきましょう!


〈 サロンアンサーお問い合わせ番号 〉

086-242-3600

〈 導入済みの方のサポートは 〉
086-246-0550