Topics

コラム

POSシステムで勤怠管理ができるの?
コラム

POSシステムで勤怠管理ができるの?

本章では、POSシステムで勤怠管理ができるの?についてお話したいと思います。

『勤怠管理』とは?

まず勤怠管理という言葉が意味するものが何なのか。そこからひも解いていきましょう。
勤怠管理とは、企業が従業員の就業状況を適正に管理し把握することを指します。具体的には、タイムカードなどの勤怠管理システムを利用し、始業から終業までの時刻・時間外労働・遅刻早退などを記録し、チェックを行います。
勤怠管理は賃金の支払いに活用するだけではなく、過剰労働の早期発見や防止効果が生まれ従業員の健康維持やひいては法令遵守にも結び付きます。

現代では法改正による時間外労働の上限規制の導入などによる『働き方改革』が奨励されています。
労働環境の見直しなどを推進するにあたり、本テーマのPOSシステムで勤怠管理を行うことで様々なメリットも生まれます。

資料請求

POSシステムで勤怠管理ができるの?

弊社の理美容サロン専用クラウドPOS“SalonAnswer”では勤怠管理機能を標準搭載されております。
通常オプションで別途費用の追加が必要であったり、そもそも対応をしていないPOSもありますが、多くのサロン様に便利にお使い頂けるよう標準でご利用いただけます。


[図:勤怠管理メニュー]

SalonAnswerの勤怠管理機能では様々なメニューがございます。
スタッフごとの標準勤務シフトパターンの作成やパート従業員の勤務シフトパターンなどを行い、それらをベースにタイムレコーダーを出勤や退勤時に打刻することにより簡単で明確な美容室の勤怠管理を実現します。


[図:タイムレコーダー]

タイムレコーダーは、出勤や退勤、外出や再入時などに自身の名前を選んでボタンを押すだけ。たったこれだけで勤怠管理が行えるようになります。
早朝や深夜労働などの早出・残業時間に関しても個々の勤務シフトを基に自動計算をしてくれて1か月の出勤簿を印刷することができるようになっています。
もしタイムレコーダーの打刻をし忘れても管理者権限のパスワードを入れることで時刻の手入力を行うことも可能となっております。


[図:出勤簿印刷]

このようにタイムレコーダーを基にスタッフ個々の出勤情報が自動的に計算され、出勤簿を印刷することが可能となります。
これらの管理をタイムカードやExcelなどで行うことももちろん可能なのですが、管理や編集などにかかる手間もありますが、SalonAnswerの勤怠管理ではこのようにボタン一つで美容室の勤怠管理を行うことができるようになっています。
資料請求

POSシステムで勤怠管理を行うメリットとは?

まず、前述の通りシンプルに簡単にボタン一つで勤怠管理を行うことができるということがメリットかと思います。
そして、SalonAnswerではじき出される様々な集計表と組み合わせて労働状況を鑑みることで美容室の『働き方改革』を実現することも可能になってくるかと思います。


[図:曜日別時間帯別売上集計グラフ]

こちらは一例にはなりますが、SalonAnswerの集計表の一つ『曜日別時間帯売上集計グラフ』です。
この表は曜日や時間帯別の売上・客数を実績値や平均値で数値化・グラフ化することができ、どの時間帯がホットスポットなのかを把握することが可能となっております。
例えばどの曜日や時間帯にスタッフの配置を増やしたり減らしたりすることが必要なのか等をひと目で確認することが可能となります。

SalonAnswerで美容室の勤怠管理を行うことで適正な労働環境の構築だけでなく、事務作業の手間の軽減などの様々な効果も期待できます。
人手不足も嘆かれる美容業界ではありますが、システマティックな勤怠管理を行うことで働きやすい美容室の環境づくりにも役立っていくのではないでしょうか。
資料請求

この記事を書いた人
福岡営業所 高原
福岡営業所 高原

高原 伸泰 (岡山県出身)
2006年エクシードシステム㈱入社。
岡山本社にて8年間営業として勤務後、2014年より福岡営業所に配属。
九州の美容業界の活性化の一端を担えるよう、人とのご縁に感謝しつつ日々活動中。

Twitter Facebook
LINE友だち追加
LINE友だち追加
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube

〈 サロンアンサーお問い合わせ番号 〉

086-242-3600

〈 導入済みの方のサポートは 〉
086-246-0550