Topics

コラム

QRコード決済って今あるPOSレジと組み合わせて使えるの?
コラム

QRコード決済って今あるPOSレジと組み合わせて使えるの?

本章では、”QRコード決済って今あるPOSレジと組み合わせて使えるの?“についてお話したいと思います。

『QRコード(バーコード)決済』とは?

日本でも浸透しつつあるキャッシュレス決済。
以前より『クレジットカードは使っている』という方は多いと思いますが、最近特に急増しているのがQRコード(バーコード)決済です。
その名の通りQRコード(バーコード)を用いた決済方法になりますが、スマホさえあれば簡単一瞬で決済が完了するうえ、ポイント還元もあってお得に買い物ができるサービスとなります。

2019年10月の消費税増税に伴う経済対策の一環として、キャッシュレス・ポイント還元事業もQRコード決済の普及の大きな要因になったと思います。
今では数多くの〇〇Payと呼ばれるものが存在し、各社CMや広告・キャンペーンなどを展開しQRコード決済の覇権争いは激化しております。

スマホがありネットがつながる場所であれば『手持ちの現金がなくとも気軽に決済できる、しかもポイントの還元率が高くてお得』という認識も広まりQRコード決済の普及に拍車がかかっております。

美容室でのキャッシュレス決済の位置づけは?

美容業界のみならず、『現金商売が一番』という考え方は根強くあると思います。
『決済手数料が高くて…。』『入金が遅いから、現金払いが安心…。』というお考えでキャッシュレス決済導入になかなか踏み切れなかったサロン様も多いことかと思います。
しかしながら、今では手数料のおさえられたクレジット決済端末の登場や、入金サイクルが非常に短いクレジット決済端末の登場などにより多くの美容室がキャッシュレス決済を導入しやすい環境が整ってまいりました。
前述の通り増税に伴うキャッシュレス・ポイント還元事業も追い風になり多くのサロン様が導入をされております。

美容室においては現金以外の決済方法を増やしたことにより顧客単価が導入前と比較して増加したというデータも見られたりします。
今ではツケ払いといった新たな決済方法も登場し、これらを活用することで手持ちの現金で支払う以外の選択肢を顧客に提供し、顧客単価増などにつなげることが可能となってくると思います。

資料請求

POSとキャッシュレス決済の関連は?

現在、美容室に特化したPOSでキャッシュレス決済端末と連動しているシステムはほとんどありません。
弊社のSalonAnswerでは、STORESターミナルというキャッシュレス決済端末とPOSとを連動させることで手間な入力を減らすことができ、iPadと端末を持ち運びセット面でお会計をすることも可能となっております。

QRコード決済などに関しては電子マネーという項目として設定し、クレジット売上とは別に集計に計上することが可能となっておりますので税理士さんなどからもわかりやすい!と喜ばれています。


[図 会計画面での利用電子マネー選択]

電子マネーに特化した集計表も搭載されておりますので、どの電子マネーでいくらご利用があったか、どのお客様がどの電子マネーがご利用があったかなどの集計もボタン一つで可能となります。


[図 日別会社別電子マネー明細一覧表]


[図 経理日別売上集計]

今後さらなる増加が見込まれるキャッシュレス決済ですが、POSもそれに合わせて集計・管理しやすいものがベストかと思います。
SalonAnswerでは現状でも様々な集計・管理が行えるようになっておりますが、今後も時代の流れにあわせてよりサロン様がご利用頂けやすいPOSとして進化し続けていければと思っております。

資料請求

この記事を書いた人
福岡営業所 高原
福岡営業所 高原

高原 伸泰 (岡山県出身)
2006年エクシードシステム㈱入社。
岡山本社にて8年間営業として勤務後、2014年より福岡営業所に配属。
九州の美容業界の活性化の一端を担えるよう、人とのご縁に感謝しつつ日々活動中。

Twitter Facebook
繁忙期を頑張る皆様に…ちょっと早めのクリスマスキャンペーン 資料ダウンロードor無料トライアルorご相談で、初月利用料無料!電子カルテも標準搭載
LINE友だち追加
LINE友だち追加
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube

〈 サロンアンサーお問い合わせ番号 〉

086-242-3600

〈 導入済みの方のサポートは 〉
086-246-0550