Topics

コラム

美容室にセルフレジの文化は根付くか?
コラム

美容室にセルフレジの文化は根付くか?

美容業界における自動釣銭機がもつ可能性

みなさまの身近にあるスーパーや量販店、ゴルフ場やホテルなど、様々な業種でセルフレジや自動釣銭機(自動精算機)が導入されております。

昨今では新型コロナウイルスの影響もあり、セルフレジや自動釣銭機に関して弊社にお問い合わせが増えてきております。
本章では、美容室やエステサロン、ネイルサロンやアイラッシュサロンなど美容業界においてセルフレジの文化は根付くのか?”自動釣銭機の可能性“についてお話したいと思います。

資料請求

セルフレジや自動釣銭機がもたらすメリットとは

『ある日ふと、近所のスーパーがセルフレジ(精算)になっていた』そんなご経験はありませんか?
他にもTSUTAYAやGEOなどのレンタル店でも導入が進み、最近の発表では大手コンビニエンスストアチェーンのローソンでもセルフレジが2020年4月末時点で約4,500店舗での導入がされているようです。
その背景には、今回のコロナ禍もあり導入を進めた企業や店舗もあるかもしれません。
実際に今回のコロナ騒動の中、お釣りに関する話題がニュースにも取り上げられることがありました。

ただ、前述の企業などは元々コロナ禍の以前よりセルフレジの導入がされており、本来の目的として『省人化』があげられるかと思います。
『省人化』とはそこに配する人員を削減することで他の業務に人員を配置するなど運営を効率化する、そして人材不足を補うというメリットがあります。

 
今回は、美容室のセルフレジについてお話させて頂きますが、まだこの美容室でのセルフレジ(精算)を導入している店舗は非常に少ないです。
ただ私個人の所感としては、今後美容室でも自動釣銭機などのセルフレジを設置する店舗が増える日も近い将来あるのではないかと考えています。
 

理由としては3つ
1.自動釣銭機を導入することで、釣銭間違いを防ぐことができる
2.業務終了後のレジ締めの精度が上がり、かつ時間短縮化ができる
3.セルフレジ形式の場合、お金の受け渡しの必要が無くなる

という点があげられます。
3に関しては現在のコロナ禍でのお話になってしまうかもしれませんが、ただ今後も衛生面で気になされるお客様は一定数存在するようになるかもしれません。

先ほど省人化のお話をさせて頂きましたが、『省人化』+『釣銭間違い防止』の観点で広く使用されているものとして食券券売機もそれにあたるかと思います。
牛丼チェーン店の松屋などの大手だけでなく、個人でやられているラーメン店など食券券売機は広く普及しています。
こちらもまだ美容業界では広く普及はされていませんが、券売機で当日されるメニューを選択されて効率化を図っているサロン様もあったりされます。

資料請求

他サービス業で起きたことは美容業界にもやってくる

他サービス業で起きたことは美容業界にも起こりやすく、例えばホテル業界やゴルフ場などではWEB予約ポータルサイトがあり、それらの予約管理をそれぞれの管理画面から行うことは業務的に大きな負担となり、それらの予約を一元管理できる『予約サイトコントローラー』が登場し効率が飛躍的に向上したという例があります。

さらに、WEB予約ポータルサイトからのWEB予約には送客手数料が発生し、掲載利用料金とともに経費負担が大きくなるという問題点も生じていました。
これら2つを改善したのは前述の予約サイトコントローラー、そして公式WEB予約の存在です。

公式WEB予約は『自社からのWEB予約が一番お得』に設定するなどし、手数料負担のない自社予約に誘導させる手法となります。
先行きを考えて他社に決定権のあるWEB予約ポータルサイトに依存することなく徐々に自社の公式WEB予約へ誘導することで中長期的に安定した顧客とのつながりを目指しているということになります。

それでは、美容業界ではどうでしょうか?

現在美容業界では多くのWEB予約ポータルサイトが存在し、それに伴い美容業界専用の予約サイトコントローラーも登場しています。
かつ、よく聞かれるのは『脱ホットペッパー』や『WEB予約ポータルサイトからの脱却』という言葉です。
私個人はこれらのサービスを活用し集客することに否定的ということではなく、共存し依存しないためには美容室でも自社WEB予約のサービスを準備して共存できる環境を整えることが必要だと感じています。
今後きっと自社WEB予約の整備の必要性はますます増えていくのではないかと考えています。

 
なお、今回例にあげたホテル業界やゴルフ場にはもう一つ共通点があります。
それは、ホテル業界やゴルフ場では『自動精算機』の普及が進んでいることです。
ホテルやゴルフ場は同時間帯にチェックアウト(精算)が重なることが多く、前述の通り会計の正確性の向上、スタッフ側の負担や効率の向上も含め今では多くの企業が採用されています。

他サービス業で起きたことは美容業界でも起こる?
この自動精算、自動釣銭機に関しても私は同様のことが起こるのではと考えています。

 
美容室やエステサロン、ネイルサロンやアイラッシュサロンで自動釣銭機によるセルフレジの文化は根付くのか?

今後の動向に注視していきたいと思います。

最後までお付き合い頂きありがとうございました!

資料請求

美容室の自動釣銭機が使えるPOSとは

美容室のセルフレジならサロンアンサー

弊社理美容サロン専用POS『SalonAnswer』では、美容室の自動釣銭機連動機能をこの度リリースすることとなりました。
POSのレジ機能と自動釣銭機が連動し、これまで以上に便利に、これまで以上に正確にご利用いただけるようになっております。

ご利用環境としては、iPadとグローリー株式会社300シリーズとを連動させる仕組みとなっており、多くのサロン様よりお問合せを頂いております。
美容室での自動釣銭機やセルフレジ化をご検討されていらっしゃるサロン様は、是非お気軽にご相談下さい。

Twitterにも同様の記事を掲載したり情報を発信しておりますので、宜しければフォロー頂けますと幸いです。

\わたくし高原のTwitter/

▼こちらをクリックしてフォロー!
twitter

▼こちらからもフォローできます!

資料請求

この記事を書いた人
福岡営業所 高原
福岡営業所 高原

高原 伸泰 (岡山県出身)
2006年エクシードシステム㈱入社。
岡山本社にて8年間営業として勤務後、2014年より福岡営業所に配属。
九州の美容業界の活性化の一端を担えるよう、人とのご縁に感謝しつつ日々活動中。

Twitter Facebook
LINE友だち追加
LINE友だち追加
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube

〈 サロンアンサーお問い合わせ番号 〉

086-242-3600

〈 導入済みの方のサポートは 〉
086-246-0550