Topics

コラム

新規客数増・新規リピート増 どちらに注力しますか?
コラム

新規客数増・新規リピート増 どちらに注力しますか?

早いものでもう11月。コロナの影響もありますが、いよいよ年末商戦に突入となります!

この時期に改めて見直していただきたいテーマ「新規客数増か、新規リピート増か」。
結論。両方増やす!! もちろんこれにつきますね。

新規客が増え、さらに新規のリピートしてくれる率が高くなると
・集客コストが下がり
・提供する技術が前もって準備でき
・働きやすい環境になり離職率も下がる。
・結果通いやすいサロンになり売上が上がる!
というとても素晴らしいプラスのスパイラルが期待できます!

ただどちらも簡単なことではありません。ここからはご自身のお店を振り返りながらご覧ください。

Ⅰ.新規客数を増やすポイント

①媒体への掲載(SNS含む)

近年必ずと言っていいほど聞く、大手広告サイトへの掲載。人気が高いのはホットペッパービューティ、ミニモ、楽天ビューティの3媒体。

新規客動員で成功しているよ!と答えるサロン様は、
・掲載写真と掲載内容に関連がある
・お知らせや掲載写真など定期的に更新されている
・検索されやすいキーワードを使っている
・他とは違う自店のウリを見つけて、全面に出している
とおっしゃっています。

SNSをする人

②通りがかりの人に分かりやすい店舗づくり

隠れ家的にあまり新規を入れたくない店舗を除き、外観は「ここに美容室がある」のが分かる造りになっていますか。
近年は他業種(例えば歯科医院)の店舗造りもオシャレになり、一見して美容室と分からない場合があります。
・hairという文字を入れる
・ハサミのロゴ
など、分かりやすい店舗づくりをしてみましょう。

また、
・入口が分からなくてあきらめた
・店内が見えなくて(見えすぎて)入りづらい
などのお声も聞きます。地域のお客様も大切にしていきたいですね。

美容室の外観

③紹介

業界問わず紹介で来店される新規客はとても嬉しいもの!紹介客が途切れない店舗で工夫されているのは
・「紹介してほしい」ことを必ず伝える。
・誰でも良いから、は×。
○○で困っている、○○をしたいと思っている人がいたら誘ってね。という具体的な例を示してあげる。
のだそうです。

なるほど。これは使えそうですよ。。!

美容室の紹介
資料請求

Ⅱ.新規リピート率を増やすポイント

さてここからは新規リピート率について。まず、大前提にしてほしいのが、新規客と言っても、ほとんどが他店の既存客であるということ。今まで通ったサロンには何か不満があって次のサロンを探しているんですね。その不満を解消し、新たに感動して頂ければこっちのもの。

ではどうするか。
ビフォーカウンセリングで、店舗を知ったきっかけ、なりたいイメージ、今回の予約内容でそのイメージにどこまで近づけるか?を一緒に描いていただければ完璧!今後のヘアスタイルを一緒に作っていくイメージ作りに成功していれば次回予約も取って帰ってくださるはず!

満足して帰られたようだけれど、どうも次の来店がない…。という方。もしかしたら最初の予約が入った時点でちょっとした食い違いがあったのかもしれません。
・媒体の場合、写真と実際の雰囲気がかけ離れている(これ大事!)
・ゆったり出来ると聞いていたのにバタバタして落ち着かなかった。
・予約の時間通りに行ったのに待たされた。
・素敵なスタイルになったとは思うけれど要望したスタイルとは違う。
といった点です。

広くてゆったりしてそうな飲食店だな!と予約して行ってみたら、実際はキツキツでバタバタ慌ただしくて食事した気がしなかった。という店があったら、もう行かないですよね。

いつも中にいると、外からどう見えるかが分からなくなるものです。定期的に見直してみてはいかがでしょうか。

新規客数増も、新規リピート率増も、店舗の立ち上げ、スタッフ増の際には最も重要な項目。相関性があるのでお店にとってバランスの良い状態を見つけてください。

では、ここまでご覧いただきありがとうございました!

資料請求

この記事を書いた人
akita
大阪営業所 秋田

大阪営業所の秋田です。出身は岡山で大阪勤務は10年目になります。美容POSメーカーとしての20年のキャリアを生かし、丁寧な案内と、安心してPOSをお使いいただけることを日々心がけています。

Twitter Facebook
繁忙期を頑張る皆様に…ちょっと早めのクリスマスキャンペーン 資料ダウンロードor無料トライアルorご相談で、初月利用料無料!電子カルテも標準搭載
LINE友だち追加
LINE友だち追加
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube

〈 サロンアンサーお問い合わせ番号 〉

086-242-3600

〈 導入済みの方のサポートは 〉
086-246-0550