Topics

美容サロン専門POSレジシステム、どんなものがあるの?

美容サロン専門POSレジシステム、どんなものがあるの?

美容室で使われるPOSレジシステム。

弊社製品以外にもいろいろあります。

そんなPOSレジシステムについて、主な4社との簡単な比較表を作成して、それぞれの製品の簡単なレビューを書いてみました。それぞれの特徴・良いところがありますが、個人的に◎〇△の3段階で書いてみました。あくまで、当社調べとなりますので詳しくは各メーカーにお問い合わせください。

比較表

【価格】

以前に比べ、本当に導入しやすくなりました!各社、それぞれ一括買取やリースのような形式は減りました。製品・プランによっては、リース等もまだあるようですが、今回比較した各社は、基本的には初期導入費用+月額レンタル制がほとんどでしょう。その中で、基本プランで月額¥10,000以下を◎にしました。オプション等で、それぞれまた価格は変わってきますが、希望に合わせて導入しやすくなったのは、サロンにとっては非常に良いことですね。

【操作性】

ここは、レジとして如何に操作のタッチ数が少ないか?そんなことを基準にしてみました。長い美容業界専門POSレジの歴史の中で、レジ型を貫いているメーカーは強いと感じます。ただ今後は、予約・電子カルテ・タブレット受付等の様々な仕組みが増えてくる中で、レジ操作のみではなく様々な業務との連動性が、操作性にも影響してくるかもしれません。そういう部分は、他の『拡張性』という部分で考えてみています。

【分析力】

大まかに言えば、集計表・分析資料の多さですね。その中で、これは美容室の分析には絶対あってほしい!という内容が抑えられているか?そんな視点で個人的に採点しました。業界専門で15年以上続いているメーカーには、基本的な内容は抑えられていて、リピート率分析・VIP客分析等で一味違うと感じるケースを◎にしています。ただ、この部分については、逆に多くを求めていない場合、シンプルなものが選ばれやすいのかも?

【拡張性】

ただのレジとして入力するだけではなく、レシート・CTI・ネット予約・集客サイト一元管理・電子カルテなど、色々と拡張して、より便利に使える時代になりました。どうしても業務用POSというと、Windowsベースになるので、なかなか『どんな端末でもOK』という使い方は難しいです。そういう中で、色々なアイデアでオプションが豊富なケースと、タブレットやMacでの利用も可能になった点を◎としてみました。

【本部機能】

これはシンプルに、多店舗管理がしっかりできるか?という点です。タブレット単体利用を可能にしたことで、本部機能が充実しづらいケースもあれば、それでも柔軟に多店舗管理も可能になっているケースもあります。大企業案件の導入が多いかな?と感じたケースを◎としていますが、集計や分析の機能面では〇との差はあまり無いと感じます。

【デザイン性】

ここは、レジとしての使い勝手の良さと、見た目のわかりやすさなどを基準にしてみました。すべての製品を完璧に操作したことがあるわけではありませんが、プルダウン形式の動作が多いと、どうしてもデザインは落ちてしまうかなと感じます。今後は、きっとタブレット端末での利用が多くなると思われますので、そういう画面への対応も重要になりそうですね。

【サポート力】

ほとんどのメーカーで、土日も対応の電話&リモートサポートがあります。これは、美容業界では必須と言えるかもしれませんね。昭和生まれの営業マン目線として、今までは『できる限り現場に行きます!』的な動きをしていましたが、徐々に効率重視な風潮になってきていることへの、柔軟な順応が必要な時代と感じます。そういう中で、この電話&リモートという世界を、以下に積極的に活かして『提案』や『発信』もできるか?ここが、今後のサポート力向上のカギになるのかも?

価格・操作性・分析力・拡張性・本部機能・デザイン性・サポート力、それぞれ参考にしてみてください。この後は、それぞれの製品レビューになります。

資料請求

S社BorSシリーズ

こちら、美容業界のPOS・顧客管理メーカーとしては最も老舗と言えるでしょう!確か30年以上前に、電話機一体型の顧客管理システムをリリースしていました。今ではどこでもお手軽に導入できるCTI機能を、電話機とセットにすることで実現するというのは、非常に画期的だったと思います。そして、導入台数も多く一般的な機能は洗練されています。最近は、以前からあるBシリーズだけではなく、Sシリーズを中心に導入を拡大している様子です。美容業界の老舗メーカーとしての地位は、ガッチリと維持している印象です。

T社SPシリーズ

こちらも、非常に歴史は長いですね。私が、この業界にお世話になり始めた20年前は『T社に負けない製品に!』みたいな気持ちがありました。非常に高機能でコストもなかなかのBシリーズから、現在のSPシリーズになった時の、シンプルイズベスト!というモデルチェンジも印象的でした。美容機器メーカーですから、その販売網と一緒に動いているというのは、販売にもサポートにも強みになるのではないでしょうか。PC一体型でレジっぽく導入する場合に、根強い人気がある製品だと思います。

H社SNシリーズ

『美容業界専門POSで、初のクラウド化!』というのは、こちらのH社さんの先進的な動きでした!15~20年前は、顧客管理システム=インストールして使う・データをPCに残す。というのが当たり前の使い方でしたが、それを一気にデータセンターでの運用に切り替えたことは、同じ業界専門メーカーとして脅威を感じました。現在は、そのSNシリーズをベースに、徐々に拡張しながら製品の機能向上を続けているという印象です。

A社Bシリーズ

単店舗で!お手軽に!iPadがあれば使える!そんな、シンプルな印象の製品ですね。美容業界の約80%が単店舗で個人事業というデータもありますので、そこを導入ターゲットにしているのでしょう。戦略的には、なかなか良い狙いどころではと思います。確か、ネット予約もついていて月額¥10,000以下です。価格なりのシンプルな機能のみで充分と言う場合に、試しに導入してみるのもありなのでは?と感じます。

まとめ

いかがでしょうか?今回は、弊社以外の4社について書きましたが、他にもA社のASシリーズ・A社のBシリーズ・S社のSDシリーズ・CS社のCSなど、色々な美容業界専門POSレジシステムがあります。それぞれに、それぞれの良さと特徴があります。導入をお考えの際には、多くの製品を比較検討してみるのも良いですが、たくさん見過ぎると考えがまとまらなくなるということもよくあります。個人的には、重要視する機能を決めて、見た目と使い勝手の印象が良さそうな製品を3社くらい比較してみるのが良いと思います。

あ、そんな時にはぜひ弊社の『SalonAnswer』もご検討ください!

比較表では、僅差で◎を多く獲得しています。自社製品ですので、まあそうなるかもしれませんが、先に書いた比較表の7つの項目で考えれば、バランスのとれている製品と自負しております。

美容サロン専門POSレジシステムをご検討の際には、ぜひお問い合わせください。

資料請求

LINE友だち追加
LINE友だち追加
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube

〈 システム導入に関するお問い合わせは 〉

086-242-3600

〈 導入済みの方のお問い合わせは 〉
サロンアンサーで業務開始後、画面右上のヘルプより
メールでお問い合わせください。