Topics

コラム

美容室向けネット予約システムの選び方
コラム

美容室向けネット予約システムの選び方

これをご覧いただいている皆様は、「ネット予約」をご利用になったことはありませんか。

今ではホテルや食事、ゴルフや映画など、多種多様な業種でネット予約がご利用いただけるようになってきています。
理美容業でもこの数年でネット予約ご利用サロンが普及してきました。
その普及に伴いネット予約システムの種類も増えています。
今回はその違いについて触れてみましょう。

1.「ネット予約システム」は大きく二種類

ネット予約システムは、大きく二種類に分けられます。

▼ポータルタイプ

ホットペッパービューティー、楽天ビューティなどの 広告媒体が持っているネット予約システム。
月額利用料や、予約1件に対して費用が設定されている。

広告サイトですので、
・新規客にリーチしやすい
というメリットがあります。

もちろん、その効果を狙っているのは他の店舗も同じなので
・競争率が高い。
・掲載費+ポイント利用料がかかる
・顧客情報は広告サイトのもの。DM案内には検閲がある。
というデメリットがあります。
熟練のベテランというイメージですね。

▼オウンドタイプ

ビューティメリットなどの独自ネット予約システム、弊社製品であるサロンアンサーネット予約のようなPOSシステムオプションのネット予約システムなど、店舗独自のネット予約システム。

こちらは毎月定額で利用できるものがほとんどで、店舗独自の仕組みとなるため、
・リピーターを確保しやすい
・価格変動しない
・顧客情報はサロンのものなので、自由な案内が可能
といったメリットがあります。

反面、
・新規客にリーチしにくい
というデメリットもあります。
いかに拡散していけるか?がポイントになりますね。
これから育てていく赤ちゃんのようなイメージです。

資料請求

2.選ぶポイントは、「サロンの環境」

ポータルタイプと、オウンドタイプがあることが分かりました。
どう使い分けるか?は「サロンの環境」で異なります。
・既存客の有無
・立地による顧客の流動
・ターゲット顧客層
・スタッフの流動性
・サロンのウリが何か

この辺りを整理して頂くことで、サロン様にあった使い分けが見えてきます。


いかがでしたか。
ネット予約システムを選ぶときの基礎知識を中心にお知らせしました。
具体的にどうしていくか?はここでは省いていますので、店舗、会社の為にも気になるな。。という方、お問い合わせお待ちしております。

資料請求

この記事を書いた人
ariyoshi
大阪営業所 有吉

大阪営業所から関西・東海・北陸のサロン様を担当。
初めての導入となったユーザー様とのお取引も、10年を超えて続いています。
複雑そうなことをシンプルに。あ!そうか!と閃いて頂けると嬉しいですね。

Twitter Facebook
繁忙期を頑張る皆様に…ちょっと早めのクリスマスキャンペーン 資料ダウンロードor無料トライアルorご相談で、初月利用料無料!電子カルテも標準搭載
LINE友だち追加
LINE友だち追加
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube

〈 サロンアンサーお問い合わせ番号 〉

086-242-3600

〈 導入済みの方のサポートは 〉
086-246-0550