Topics

コラム

美容院の『Googleで予約』オプション。実際に設定して、実際に予約してみた。
コラム

美容院の『Googleで予約』オプション。実際に設定して、実際に予約してみた。

新機能リリース記事としても書いた『Googleで予約』について。

美容業界での“Googleで予約”の現状・実際の設定・実際に予約してみた・活用するべき理由。それぞれについて書いてみました。

▼リリース記事はコチラ
【Googleで予約】に対応!サロン予約はGoogleマイビジネス×サロンアンサーで賢くお得に!

①美容業界と“Googleで予約”

フィットネス・飲食業などの他業種では、MEO対策の1つとして注目され、早くから取り組まれていました。

美容業界においては利用率はまだまだ低く、せっかく無料で使えるGoogleMapに、有料の大手集客サイトの予約をリンクしている『集客サイト応援』状態が多いです。

大手サロンでは、早くから積極的に活用しておりその事例も多く発信されています。確かに大手のサロンほど年間の集客コストの大幅な削減につながりますので、取り組みの効果は絶大です。

美容業界のWeb予約サービスでも、弊社のオプション機能を含め次々と“Googleで予約”への対応が始まりました。しかし、なかなか利用は進んでいません。実は1店舗のサロンでも、この無料の取り組みによって、年間50万~100万の集客コスト削減になるかもしれません!本当は、中小規模サロンこそ早く取り組むべきことなんです!

今すぐ始めるべき!とお伝えしたい!

資料請求

②“Googleで予約”を、設定してみた。

お取引サロン様にて、実際に“Googleで予約”の設定をサポートしてみました。

私が今回サポート対応したのは、サロン検索サイト一元管理に特化した、コストパフォーマンスの高いサービス『KANZASHI(かんざし)』です。実際の弊社製品との連携画面にて、設定方法を掲載しておきます。


▼最初に『かんざし設定』へ。

この画面は、連携しているPOSによって違うと思いますが、まず『KANZASHI(かんざし)』の設定画面に進みます。

▼次に『Googleで予約』を選択。

基本的にはどこの連携POSであっても、ここからの操作方法は同じなはずです。

▼その後『スタッフ』の設定

“Googleで予約”に表示したいスタッフを登録します。他、後でメニューの登録も必要になります。

▼そして『スタイリスト統合・分離』

連携POSに登録されているスタッフと“Googleで予約”に表示するスタッフを紐付けしていきます。

▼最後に『スタイリスト統合画面』

統合するスタッフに、それぞれ☑して『統合する』をクリック。

以上で完了です。

設定完了後約1日で、貴店のGoogleMapに『オンラインで予約』のボタンがされます。

Googleマイビジネスの管理画面で何か設定が必要かと思っていましたが、提携サービスの設定のみですぐにできました。GoogleMAPに『オンラインで予約』ボタンが表示されるのに少し時間かかるのは、おそらく情報が届くとボタン表示が自動化されるような仕組みになっているのだと思います。こういう部分に人の手をかけないのも、さすがGoogleです!

今の新規集客がほとんどホットペッパービューティー頼みなら、Googleで予約のメニューもホットペッパービューティーと近い内容にしても良いでしょう。リピーターの利便性を高めることを主な目的と考えるなら、サロンの通常メニューを設定するべきですね。

※その他の提携サービスもいくつか見てみましたが、EPARK BEAUTYはスタイリスト指名はできないと思われます。

資料請求

③“Googleで予約”で実際に予約してみた。

私も『オンライン予約』してみました。


▼メニューの上のスタッフを選んで…


▼次にメニューを選んで…希望日時を選んで…


▼ここに注目!
『連絡先情報を追加』を選択すれば、既にGoogleログインしている状態なので、自動的に自分の名前が表示されます!

あとは予約ボタンを押すだけ!
手間のかかる会員登録も不要で、お客様も非常にスムーズに予約に進めます!
パソコンでもスマートフォンでも、煩わしいと感じる動きは無く、本当に簡単に予約することができました。

資料請求

④今すぐ活用するべき5つの理由

1.世の中は常にGoogleにログイン!
2.検索したサロンに行きたいお客様に!
3.あなたのサロンに行きたいお客様に!
4.ホットペッパー予約手数料大幅削減!
5.“Googleマイビジネス”は無料です!

上記の1~5の詳細については、少し前に個人ブログでもまとめましたので、気になる方は以下よりご覧ください。
『Googleで予約』は、美容業界の救世主となるのか?

個人的に、『4.ホットペッパー予約手数料のコスト削減』は、やれば確実に効果は出ると思っています!今でも意外にまだ知られていませんが、実際に月間500万前後の売上で、客数・客単価も近い2つのサロンだと、この取り組みをするとしないとでは、年間60万のコストの差が出ているというケースもありました!

一元管理システムとPOSシステムの導入コストが月々2万かかるしても、業務効率がアップし、スタッフも働きやすくなり、コスト削減もできる。

十分に元が取れる設備投資です!


以下それぞれのサービスを利用していれば『Googleで予約』は今すぐにでも設定できます!

■一元管理システム
『KANZASHI(かんざし)』

(弊社製品と連携可能)
https://www.kanzashi.com/reservewithgoogle/index.html

■アプリ・一元管理・ネット予約
『BeautyMerit』

(弊社製品と連携可能)
https://www.b-merit.jp/lp/google/

■サロン検索・集客サイト
『EPARK BEAUTY』

(スタッフ指名はできない様子)
https://beauty.epark.jp/request/google_project/

■ネット予約システム
『Coubic(STORES予約)』

(Google連携サービスとして掲載)
https://stores.jp/reserve

■店舗のランキング・口コミサイト
『エキテン』

(Google連携サービスとして掲載)
https://www.ekiten.jp/charge/advtop/?opt=chg_footer_03


やって損することはありません!
特にデメリットもありません!
集客とコスト削減になる可能性あり!

逆に、やらない理由が思いつきません。
“Googleで予約”是非お試しください。

資料請求

この記事を書いた人
tanaka
東京営業所 田中

美容サロンの『“リピーターの重要性”という当たり前』を伝え続ける営業マン&マーケッター。詳しくはこちら!→【ブログ】
【著書:ゆるガチ集客】

Twitter Facebook
LINE友だち追加
LINE友だち追加
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube

〈 システム導入に関するお問い合わせは 〉

086-242-3600

〈 導入済みの方のお問い合わせは 〉
サロンアンサーで業務開始後、画面右上のヘルプより
メールでお問い合わせください。