Topics

コラム

【新規集客に役立つ無料ツール10選!】大手サロンは既に取り組んでいる美容室の集客方法!【前編】
コラム

【新規集客に役立つ無料ツール10選!】大手サロンは既に取り組んでいる美容室の集客方法!【前編】

中小規模サロンが見逃してはいけない新規集客・分析・IT設備投資とは?

サロンの新規集客、どうせやるなら…

『無料ツール』も徹底活用するべき!

無料サロン集客・集客ツール活用のヒント・集客後のデータ分析等、サロン専門POSシステム屋の視点で、コストをかけずにやっておくべき取り組みを、前編・後編の2回に分けてお知らせします!

➀無料サロン集客ツール10選!

無料で使用できるツールは多くあります。
簡単にご紹介させて頂きますので、ツールをよくご確認頂きご利用を検討してみてください。

※詳しい登録方法・ご利用方法につきましては、紹介しているサイトやツールのFAQをご確認いただくか運営会社様にお問い合わせください。

 

1.Google マップ

Google マップに様々な店舗の情報が表示され、
ご自身の店舗の情報を見られたこともあるかと思います。

https://www.google.co.jp/maps/?hl=ja

この情報、変更できます!
自分のお店を検索したことが無い方は、ぜひ一度検索してみてください。

お店が地図に表示され、
未登録であれば、お店の情報に「ビジネスオーナーですか?」と表示されています。
こちらをクリックして、
Google ビジネス プロフィール(旧称: Google マイビジネス)から、管理者登録を行う事で利用できます。

(※新店舗であれば、地図に表示されていない事もあります。その場合は新規登録が必要です。)

管理者として登録すれば、より詳しく編集・発信できます!
HPとの紐づけ・口コミ・アクセス解析・シェア等、試してみると「予想以上に何でもできる」と感じると思います!

 

2.Yahoo!ロコ

上記「1.Googleマップ」のYahoo!版です。

https://loco.yahoo.co.jp/search/?genrecd=0419001&sort=hybrid

美容院が19万軒以上も掲載されています!

でも、その情報を自身が管理者として、編集・発信できることは意外に知られていません。

自店の情報が見つかったら、下の方の「この施設のオーナーですか?」をクリックすれば、
Yahoo!プレイスのお申込み画面に進みます。
コチラも、口コミ・写真投稿など、色々と揃っています。

 

3.Yahoo! BEAUTY(ヤフービューティー)

Yahoo!が運営するサロン検索サイトです。

https://beauty.yahoo.co.jp/

「スタイリスト個人」と「お客様」をつなぐというイメージで考えられているそうです。
こちらも上記「2.Yahoo!ロコ」で書いたYahoo!プレイスから編集できるそうなので、Yahoo!ロコと一緒に管理・編集すれば便利そうです。

 

4.エキテン

サロンだけではなく、様々な店舗の「口コミ・ランキングサイト」です。

https://www.ekiten.jp/

月間1,000万人以上の利用者がいるという事で、
サロンだけではなく、色々な情報を探している方の目に留まりやすいかもしれませんね。

掲載は各ページの下の方に、「店舗・施設の掲載をお考えの方へ」など、
幾つかリンクが用意されていますので、申込ページに進んで登録を行ってください。

有料プランも用意されており、
・プロに店舗ページの作成を依頼
・掲載内容を増やす
・ネット予約を受け付けれるようにする

などページを充実させることが出来ます。

 

5.全国なび

なび東京とか、なび大阪とか、全国で「なび○○(都道府県名)」と検索すれば出てきます。
美容室も多く掲載されています。

なび東京の「美容カテゴリ」
https://navitokyo.com/beauty/

自店が掲載されていれば、
その下の方の
「店舗情報登録/変更はこちら(無料)」
から登録・編集できるようになります。

 

6.ARINE(アリネ)

こちらは、10年ほど前にソーシャルゲームで話題になった、GREEのグループ会社が運営しているサロン検索サイトです。

https://salon.arine.jp/

たまたま見つけたのですが、
かなり多くのサロンが掲載されている割には、まだまだ管理者になって詳細情報を編集しているサロンが少ないです。

でも、地方でも全国規模の大手サロンは既に詳細を掲載していたりと、「意外に注目なのかな?」と感じました。

登録済みの店舗ページの「編集はこちら」のボタンや、
各ページの下の辺りにある「サロンのご登録」などから、情報を変更できるようになります。

 

7.Rasysa(らしさ)

こちらのサイト、かなり前から運営されていると思います。

https://www.rasysa.com/

掲載自体は無料ですが、専用電話番号からお客様の予約があった場合に、成果報酬が発生する仕組みのようです。

Web予約は、「専用予約サイト」か「E-PARK Beauty」の予約に進みました。
全てを調べた訳ではありませんが、何らかの提携をしているのかもしれませんね。

サロン情報掲載は、各ページの下の辺りにある「掲載をお考えの方へ」から進めます。
今の時代、なかなか専用ダイヤルに予約の電話をかけるお客様も少ないと思いますが、掲載費用は¥0でサロンの情報が公開できると思えば、無料ツールとして捉えても良いかと思います。

 

8.BEAUTY PORT(ビューティーポート)

掲載サロン数はそれほど多くないため、おそらく各サイトから収集された情報は使用されていないと思います。

https://www.beauty-port.com/

サロンリストが表示されている画面で
「クチコミ」「クーポン」「WEB予約」
という3つのボタンが並んでいるのは、お客様目線では見やすいと感じました。

サイト内の【掲載希望】から進むと
「ユーザー登録で合計8ページ、14+αの機能を<完全無料>にてご活用頂けます」
とのことで、かなり細かい情報を掲載できるようです。

Web予約は独自フォームで、希望日時を送って返信待ちという仕組みで、即時予約が当たり前の今の時代には、少し使いにくいのでは?と感じました。

こちらも、あくまで情報掲載を増やすためと考えれば、無料ツールとしての利用価値はあるかなという感じです。

 

9.PayPayマイストア

こちらは、PayPay決済を利用しているサロン様には是非やってみてほしいです!

「PayPayマイストア」を活用して多くのお客様と繋がろう」
というページで詳しく説明されています。

PayPayアプリの中で、お店の情報を分かりやすく見えるように、ロゴやイメージ写真等の登録・編集ができます!

厳密に言えば、PayPay決済サービスを利用している店舗しか利用できないので、無料サービスでは無いかもしれませんが、せっかくある機能なので、試す価値はあると思います。
クーポン・スタンプ等の有料プランの利用につなげるためのサービスかもしれませんが、やっておいて損はないですね。

 

10.ホットペッパービューティー

「なぜここで!言わずと知れた業界最大手サロン検索サイトが?」
と思われる方も多いでしょうか?

こちらは過去の有料掲載されたことがあるサロン様に限りますが、何と毎月の掲載費用が無料のプランがあるんです!

これまで、有料プランに掲載していたけど、

・価格に見合った新規集客数は期待できない。
・でも、せっかく掲載した情報は残しておきたい。

そんな時に利用できるプランになります。

ブログ無し・クーポン無し・スタイルギャラリー無しと、
情報量は減ってしまいますが、Web予約もそのまま利用できます(Web予約手数料2%はかかります。)ので、既存のお客様がご利用されていた場合も大丈夫です!

完全な無料ツールとは言えないかもしれませんが、情報として知っておいてください。

 

②低コスト集客ツールも紹介!

無料ではないですが、いくらかの月額で掲載可能なサイトもあります。
以下、ざっと見た範囲でお知らせします。

 

Best Salon(ベストサロン)

年間4万からの有料掲載です。
美容業界で長く広告・販促物等を手掛けている会社の運営なので、色々なノウハウがありそうですね。

 

Hair Log(ヘアログ)

全国掲載サロン数14万軒と、かなり多いです。
月額¥5,500の有料掲載で、店舗情報の編集・Web予約システム利用も可能だそうです。

 

Beauty Park(ビューティーパーク)

全国掲載サロン数20万軒とのこと!
月額¥3,300~の有料掲載で、店舗情報の編集・Web予約システム利用も可能だそうです。

 

【ワンポイントアドバイス!】

「Hair Log」「Beauty Park」は、公式サイト・Googleマップ・ホットペッパービューティー等の公開されている情報から、どんどんサロン情報を掲載しているのではと思います。

なので、掲載数が非常に多い!
最初の10選の中にも、そういう公開されている情報を用いて、基本的な店舗情報をどんどん掲載しているサイトもあります。

まずは、自店がどのサイトに掲載されているか?
調べてみた方が良いですね。

既に掲載されていたなら、どうせなら管理者になって詳しい情報を編集して、少しでもお客様の目に留まる可能性を高めましょう!

他、管理者として編集はできませんが、他の公開された情報を参考にして、全国のサロンを掲載しているサイトも多くあります。
以下、ざっと書いておきますので、自店が掲載されているか?調べてみても良いと思います。

ISIZE Beauty(イサイズビューティ)
goo Map(グーマップ)
美容院ナビ
BIGLOBE Beauty(ビッグローブビューティ)
MapFan(マップファン)
Mapion(マピオン)
KireiStyle(キレイスタイル)
Stylelog.tokyo(スタイルログ)

③予約の管理もしっかり考えよう

無料サイトで露出を増やして、まずお店を知っていただく事は大切です。

店名・住所・電話番号程度の記載内容から、お店のセールスポイントまで
自身で登録する事により、店舗情報を充実させることができれば、
他の店舗に比べて目立つことができ、予約につながる可能性が出てきます!

その中で、サイト独自のWeb予約ツールも使用できるとあれば、試してみたいと思うでしょう。

ここで、ちょっと待ってください!

多くのツールを利用される前に、複数の予約経路に対応する体制づくりが必要です。

サイト独自のWeb予約ツールなどを使用し、予約経路を増やしてしまうと、その分管理する手間が増えてしまいます。

もしかしたら利用頻度が少なくて、登録している事を忘れてしまう事も…
そんな時、そのサイトから予約や問い合わせが入ってしまい、お客様を放置!なんて事態にもなりかねません。

せっかく予約・問い合わせを下さったお客様に迷惑が掛かけてしまい、
「予約を入れたが対応してくれなかった ★☆☆☆☆(星1)」
と低評価の口コミが残ってしまう事も・・・

ぜひ予約管理を考慮した上でご利用ください!

対応策として、注力するサイトの分別を行い、予約方法を決めます。
注力するサイトでは、定期的にキャンペーンなど情報を変えていく事ができれば集客につながると思います。

掲載情報の充実のみで、今後あまり管理しないサイトの予約方法は、サイト独自の予約ツールは使用せず、電話や主要Web予約ツールへリンクさせるのが良いでしょう。

弊社商品の「サロンアンサー」のようなPOSシステムを活用する事で、予約をまとめて管理することが出来きます。
また、POSシステムのWeb予約ツールを主要に使用し、無料サイトに予約方法として案内しておけば、サロンワークを変えることなく対応する事もできると思います。

無料サイトをご利用の際には、
・各サイトの注力度の検討
・予約方法の確認
・予約管理の確認
を行い、お客様を放置しない体制づくりを考えてみてください。

もしよろしければ、サロンアンサーのご検討もお願い致します。

資料ダウンロード

まとめ(前半)

今回は、集客サイトのご紹介をメインにまとめてみました!
様々なサイトがありますので、ご興味のある方は登録されてみてはいかがでしょうか?

 

後編の内容を少しだけご紹介…

「④実は多くの情報掲載サイトも大手集客サイトの予約ページに?」
ここで『実は…』なお話です!
ここまで書いた集客ツールの多くは、実はWeb予約・クーポン等のリンクは、業界最大手集客サイトに設定されています!と言うことは、どういうことが考えられるのか?

と、「リンク先」のお話や、下記のテーマを執筆中です。
⑤集客ツール、やっておくべき5ポイント!
⑥小規模サロンは“きっかけ調査”をすべき!
⑦そんなデータ分析にはIT設備投資が必要!

▼後編の記事も是非ご覧ください。
後編

この記事を書いた人
tanaka
東京営業所 田中

美容サロンの『“リピーターの重要性”という当たり前』を伝え続ける営業マン&マーケッター。詳しくはこちら!→【ブログ】
【著書:ゆるガチ集客】

Twitter Facebook
LINE友だち追加
LINE友だち追加
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube

〈 システム導入に関するお問い合わせは 〉

086-242-3600

〈 導入済みの方のお問い合わせは 〉
サロンアンサーで業務開始後、画面右上のヘルプより
メールでお問い合わせください。